西宮・築52年の平屋・リノベーションの軌跡
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
一枚の写真が導いた運命。
夫「これ見て!かわいくない?」

夫がわくわくした顔で見せてくれたのはこの写真


三角お屋根のトップの部分と、今は写真がなくなっているのですが、
和室の軒下に作ってある縁側の写真。

もくもくとした緑と、古い家の色合いから、独特のいい感じ〜が漂っています。
この家、元々私が無印の家を新築したい!と言っていた時に探していた古家つきの
土地で、掘り込み車庫やら何やらのやり直しで新築するなら造成費用が1000万
近くかかる、と言われていた物件だったのです。

新築前提で探していた時には、この古家の外観写真は見つけられず、
掘り込み車庫と土地と道路の関係値がわかる写真しか見ていませんでした。
夫がネットサーフィンしているうちにこの外観写真に当たったようで、
これに二人して「ピン!」と来たのです。

物件価格は2000万とちょっと。土地の広さは、、、何と、88坪!
1964年築。家は88平米の、平屋!横が小さな川になっていて、南西角地。
苦楽園でこの広さでこの価格。もしこの古家がいい感じで、リノベーション
できるとしたら相当よい買い物になるはずです。

土地の周りの様子がわかる写真からグーグルマップで位置を割り出してみると、
真上からこの家を見るとこんな感じです。



なんと、三角お屋根「だけ」のシンプル構造!そして、うっそうとした緑!
私たちの一番好きな感じです。
ハウスメーカーの家だと、ごちゃごちゃといらない間取りがあるため
こんなにスッキリとはいかないわけです。


こ、これは、、、もしかして運命の写真になるかもしれない。

ですが、これまでも色々見て結局がっかり、ということも多かったので、
期待しすぎず、でもやっぱり期待しつつ、不動産やさんに内覧を申し込んだのでした。
えっ?古ビルに住む!?
しぶとい中古物件探しの中で、夫が見つけた物件。
1760万で、3階建て10LDKの古いビル!
駐車場も4台分くらいあり、元々建設会社の寮?か何かだったようす。
場所は、甲陽園山王町、藤和ライブタウンのすぐ近く。

「ねぇねぇこれよくない!?これ、たぶん世田谷ベースっぽくできるよ!」
(画像はどっかから拝借)



そう、夫は所さんの生き様に強く共感しており、世田谷ベースなライフスタイルを
理想としているのでした。

うーん、確かに値段は安いし、築年数は古いけど鉄筋なので安全だし、
広いけど、ビルに住むのって何か違くない!?と私。
夫は、1Fをギャラリーとかカフェとかパン屋にしてもいいし、
憧れのB&Bをやったりもできるよ、きっと!なーんて夢のような話を
どんどん膨らませて超ノリノリ。
そういえば、家探しを始めるよりずっと前から、夫は「古ビルに住みたいなあ」
と言っていたのを思い出しました。


(え、え、でもでも10LDKだよ!ビルだよ!3人家族とニャンコ1ニャン
が、ビル1棟に住むんだよ!それってちょっとおかしいよー!!!
わぁ〜〜〜どうしようこの夫、マジでノリノリになってる〜〜〜)

夫の夢をぶちこわすのはかわいそうだったのでとりあえず気持ちを
落ち着けるために娘と一緒にお風呂に入りました。

(はるちゃん(娘の名前)、どうしよう!パパの言ってる夢は確かに
頭ではよくわかるんだけど、でもねでもね、ママはあの古ビルに住むのだけは
なんでかわからないけど絶対にいやだよぉ〜〜〜!!!!)

娘4カ月はもちろんきょとんとしています。笑
あ〜お風呂から上がったらまだ夫はノリノリなのだろうか。。。
はぁ〜〜と思いながら、着替え始めると夫が私を呼ぶ声が。

夫「ママちょっと来て〜〜」
私「え〜ちょっと待って〜〜」
夫「は〜やくぅ〜〜」

あ〜またあの古ビルについての夢をとくとくと語られるかもしれない。。。
うーんどうしよう。と思いながら夫の見ていたPCに近づいて行ったのでした。
やっぱ中古の一戸建て!!
ということで、、、もう中古マンション購入にはぶれないぞ!新築にもぶれないぞ!
西宮で、いい感じの中古住宅を買って、リノベーションして住むぞ!

という決意をいっそう固くした私たち。
(というか、ブレブレになっていたのは主に、私。汗)

改めて考えると古いミサワホーム物件は非常に非常にお買い得な物件だなあと
やはり思う。しかし、バス停から遠過ぎることがどうしてもネック。
でも、おそらくこの物件より自分たちの好みと懐事情にあった物件は
あんまり出てこないんじゃないかなぁ。

そうか〜〜やっぱバス停から遠いのは、どうにか我慢するしかないのかな〜
(夫は全く気にしてないけど)
夫は早速、バイク通勤を想定していい感じのバイクを探して来てました。笑
私もちょっとコンビニまで行ってくる〜とか言うときのために、
育休の間に免許取っとこうかなあ〜。ぶつぶつ

などど、古いミサワホーム購入に向けてイメージを固めつつ、しぶとく中古物件
探しを続けることにしたのでした。
やっぱ中古マンション!?
無印の家を新築したい。
土地はやっぱり西宮市内がよい。
予算的にこの二つは両立できない、という現実に向きあった私たち。
さぁ、どうするかねぇ。あーあ。ふぅ。。。はぁ。。。

ということは、、、やはり一軒家じゃなくて中古マンションのリノベーションが
一番身の丈に合ってるんじゃないの!?と思い直しました。
そのために、改めて頭金の貯金をコツコツと続けるという。。。
もしくは、当初から最有力候補になっているミサワホームの中古住宅を
購入して住むか。。。

そこで、当初から候補にしていた中古マンションを購入する場合と、
ミサワホームの中古住宅を購入する場合とで、どんな風にコストが変わるか
を改めて検討。
------------------------------------------------------------------------------
【ミサワホームの場合】
購入価格は諸費用込みで2000万台中盤。
リフォーム費用が600万くらい?
保育園を駅近にするとして、駅近くでの駐車場代が15000×6年間。
後々土地が資産として残る。
そして、何と言っても自分で好きなようにいじりたおしても誰にも
文句を言われない。

【中古マンションの場合】
購入価格は諸費用込みで3000万台前半。
リフォーム費用が2〜300万くらい?
駅近の駐車場がいる場合には15000×6年間。
さらに大きいのが管理費と駐車場代!
合計5〜7万円×住み続ける限り!!!

そして、後々資産として残るものは何もない。。。
現時点で築年数が20〜30年程度のものなので、ローンが終わった頃には
築60年!!

よくよく考えると日本のマンションの歴史は浅いため、
築50年以上も経ったマンションの収束(顛末?)は未だ誰にもわからない
という状況。。。

以前「東洋経済」の中古マンション特集の号を買ってみたときに、
横浜あたりの古いマンションの管理組合が、古いマンションの全体を
改築するのにあたって起こした運動が記事になっていましたが、
そういうことに巻き込まれるのは、正直めんどくさい。。。

------------------------------------------------------------------------------
当面のことを考えると、中古マンションのリノベーションが一番手っ取り早く
好きな感じの空間に住めそうではあるけれど、購入するとなると
ランニングコストやリスクが大きくのしかかると改めて感じました。
じゃあ賃貸したらどうか?とも思いましたが、希望しているマンションの家賃は
12〜13万程度で、これまたランニングが大き過ぎる。

結局、長い目で見たときには、やはり土地付きの一戸建てを購入するのが
よい!!という結論に至ったのでした。
無印の家のために土地探し
当初の感じからどんどんずれて行ってますが、私の無印の家に対する愛が
どんどんエスカレートしてしまい、とうとう西宮以外でも土地を探してみる
ことに。

といっても、兵庫県内で住むなら、、、芦屋、灘、東灘、須磨、垂水あたり
かなぁ。あとは、思い切って西宮名塩や宝塚もありかもしれない。。。
ということでネット不動産を探しまくり。

相場的にはやはり、芦屋、灘、東灘はちょっと無理っぽい。というか、
住みたいと思う場所の土地は全然売りに出ていない。。。
売りに出ていても、ものすごく三角になった角地とか、
苦楽園どころではないものすごい山の上とか。
やはり、住み良いところは皆さん手放さないということなんですね。

須磨、垂水あたりは古家つき1000万台というのがちらほらあって、
不動産を通さずそのエリアを車で探検してみることにしました。
須磨、垂水は職場は遠くなるけど、海と山が隣接していて環境的にはすごく
魅力のあるエリア。ただ、子どもの教育環境的には色々と心配の多いエリアも
あるもようで、その点はやはり気になるところです。

ネットで見た物件では、須磨で300万(!)というところがあったり、
1700万くらいのところもありました。垂水でもやはり1500万くらいの
ところが。いずれも100平米ちょっとくらいの土地です。

しかし300万という土地は階段を登らないと家まで辿り着けないところで、
おまけに100平米のうち40平米くらいは門から玄関にかけての細い道。
つまり家には60平米くらいしか使えない!こんなところに新築するには
相当工事費用がかかりそうだし、そもそも狭い。。。ということで却下。

残りの須磨、垂水の家も悪くはなかったのですが。。。
その日西宮への帰途、やはり香櫨園〜甲子園と家が近づくにつれて、
何とも言えない安堵感が私たち家族を包み込んでいるのを感じ。
車の中で思わず「あ〜、やっぱ西宮って安心だね〜〜」と私が言うと、
夫も同じことを感じていた様子。

結局住み慣れた土地が一番、ってことだよなぁ。ということで、
西宮名塩も全然知らない土地という意味では私たちにとっては
見に行っても一緒だろう、と思い、結局苦楽園〜甲陽園エリアで
なんとかする、という結論に至ったのでした。