西宮・築52年の平屋・リノベーションの軌跡
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
【2014まとめてアップ】魚が瀧荘キャンプ場
魚が瀧荘キャンプ場。ここはその名の通りすぐそばに瀧があり、夏場はかなりの人出でにぎわうキャンプ場だそうですが、わが家が訪れたのは9月の終わりですっかり涼しくなった頃でした。
 ↓
IMG_1631.JPG

なかなか奥まった集落にあるキャンプ場で、途中川のそばをずっとドライブして行くのですが、この頃はちょうど大きな台風が過ぎた直後で、土砂崩れの後とか流木や倒木があちこちにあり、窓の外を眺めながら少し不安になったことを覚えています。でも、この景色の美しさでそんな気持ちも吹き飛びました。ピークを過ぎたキャンプ場のひと気のなさと、秋の空気の清々しさ、そして周りに自然以外に何もないこの環境。素晴らしいです。
 ↓
IMG_1627.JPG

古びた遊具も味があるのですよね。だだっぴろい芝生広場全体がオートキャンプ場とのことですがここにはテントがひとつもありません。
 ↓
IMG_1629.JPG

すぐ下に川が流れていて、その川縁にギアや車を一目見ただけてかなりの玄人キャンパーと思しき人々が4組ほどテントで過ごしているのが見えました。
 ↓
IMG_1630.JPG

落ち葉も少しあり、カーディガンを羽織ってちょうどいいくらいの季節でした。
 ↓
IMG_1626.JPG

芝生広場の端っこの方から川縁に下りる小さな坂があり…
 ↓
IMG_1632.JPG

そこを下ったところにわが家テントを張りました。
 ↓
IMG_1601.JPG

横にある川はとても透明度が高くきれい。それだけで心が落ち着きます。
 ↓
IMG_1621.JPG

IMG_1623.JPG

子ども達は樹の周りで棒を探して遊ぶのに夢中。
 ↓
IMG_1615.JPG

IMG_1619.JPG

夕方暗くなる前に近くの黒川温泉(あの有名な熊本の、ではないですよ)に入りに行き、湯冷めしないうちに子ども達とテントへ。夫は一人外で芋煮を作ってくれてましたが、その間におにぎりを食す二人。
 ↓
IMG_1606.JPG

おにぎりはシャボン玉に継ぐキャンプ必須アイテムです。真夏でない時期は多めに握って持って行ってました。キャンプ料理は火起こしから始めると結構時間がかかり、その間にお腹がすいて騒ぐ子がいるからです。ゆかりおにぎりさえあればこの通り、仲良く過ごしてくれます。
 ↓
IMG_1608.JPG

翌朝は前日の残りの芋煮と、つかみ取りしたあまごの塩焼きで朝ご飯です。
 ↓
IMG_1633.JPG

テント内で使える小さなちゃぶ台も今年導入した新アイテム。肌寒くなって来たらテントの外でなくこうして中でご飯が食べられるのです。狭いテントの中で身を寄せ合って食卓を囲む…家族だな〜という感じで心が温まります。

年末年始は非常に寒くて雪もつもり、冬キャン実行にすこし躊躇しておりましたが、こうして振り返ってるとやはりまたキャンプに行きたくなって来たな〜。
【2014まとめてアップ】淡路島・生石キャンプ
あけましておめでとうございます。本年もどうそよろしくお願いいたします。

2014年のネタは2014年のうちに全て出し切ろう、と思ったのですが昨日は初めてのおせちづくりでてんやわんやでそれどころではなく。もうそんなことにはこだわらずに書ける時にまとめて書こうと決めた次第です。

ということで、新年早々昨年の秋キャンプのネタで失礼します。もう何回行ったかもわからないくらい頻繁に訪れた淡路島の生石海岸でのキャンプ。ここは前にも記事に上げましたが、キャンプ場ではなく単なる公園です。自宅から1時間かからずに行けて、キャンプ場じゃないので人が少ないということで私たち的には2014年のベスト3に入るキャンプスポット。

この日は朝家を出発してお昼前に到着し、軽くランチを作りました。ランチから本気モードで料理を作っているとそれだけでバテるので、さくっと冷凍パスタをあっためて。コンロはトランギアの簡易コンロ。私が夫とつきあい始めて最初の誕生日プレゼントにあげた思い出の品です。
 ↓
IMG_1490.JPG

スポークは大小10本セットをアウトレットショップで見つけて即買いしましたが、この水色の一番大きなのは過ってパキーンと折れてしまいましたので、これは在りし日の姿となります。
 ↓
IMG_1491.JPG

目の前は美しい海。湾になっているのでとても穏やかです。
 ↓
IMG_1492.JPG

キャンプグッズを入れている木箱は、何とわが家の売り主さんに譲っていただいたものです。こんなものまで置いてあったのですよー。ホントに、わが家はお宝ざっくざくでした。
 ↓
IMG_1493.JPG

こちらはスノーピークのジカロテーブル。今年の前半に購入して以来大活躍しているアイテムです。
 ↓
IMG_1494.JPG

夕食の準備をする頃には背後にある小さな山が影を作ってくれます。空と海の色も美しい。
 ↓
IMG_1501.JPG

そして夕焼けはこんな感じ。この後もっときれいな赤紫色になりました。
 ↓
IMG_1503.JPG

秋の初めだったのでサンマを焼いて食べたんだな。
 ↓
IMG_1504.JPG

キャンプ中、大活躍のアイテムその1、シャボン玉。大人はテントの設置やら食事の準備やらで忙しいので、子ども達のかまって攻撃をかわすのにシャボン玉を与えるとこうして二人で仲良く遊んでくれます。
 ↓
IMG_1508.JPG

IMG_1509.JPG
IMG_1510.JPG

IMG_1511.JPG

姉弟でこうして仲良く遊んでくれるとホントに楽ですね。

テントとタープhはこんな風にくっつけて設営しましたが…
 ↓
IMG_1512.JPG

海がよく見える特等席にジカロテーブルを設置したので、あんまりタープの下では過ごさなかったような…。まだまだ導線をさぐりながら設営していたことが思い出されます。
 ↓
IMG_1513.JPG

このときは夫が鯵をたくさん釣ってくれたので、マヨネーズをかけてホイル焼きにしたのでした。
 ↓
IMG_1518.JPG

寝袋の下に敷くマット。これだけで十分遊び道具になるのですね。
 ↓
IMG_1519.JPG

IMG_1520.JPG

息子もカメラを向けるといっちょまえにポーズを取るようになりました。
 ↓
IMG_1524.JPG

季節的にはこのぐらいが一番気持ちがよく、キャンプ中もとても過ごしやすかったです。真夏の暑いのはやっぱちょっとしんどかったなー今思うと。寒いのはそれはそれで魅力なのですけどね。

さらにキャンプ写真が見つかったので、別記事に続く。
【2014まとめてアップ】マキノ高原キャンプ場
11月の終わりに行ったマキノ高原キャンプ場。むちゃくちゃ寒かったけど、とてもよいキャンプ場でした。

テントを張ったのは林間サイトのほう。橋を渡って小さな川を越えた先にあります。
 ↓
IMG_1816.JPG

この日はAさん夫妻もデイキャンプだけ一緒にしましょうということでお誘いしました。テントを張るのを手伝ってくれるAさん夫妻。彼ら史上稀に見るオサレカップルです。
 ↓
IMG_1817.JPG

なぜまたAさん夫妻をお誘いしたかというと、Aさん、これまで同じ関西にいたのですがお仕事の都合で実家に戻られる事が決まってしまったので、お別れ会の代わりにキャンプしようということになったのでした。単なる飲み会ではなくキャンプにするとは、幼稚園からの幼なじみの我が夫とAさんらしい選択です。
 ↓
IMG_1818.JPG

これが最初で最後の共同作業!?タープを二人で協力して立てております。
 ↓
IMG_1819.JPG

息子も参戦!それにしてもここの林は雰囲気がありますね。
 ↓
IMG_1820.JPG

それにしても寒い。寒過ぎる…。焚火をして暖まります。夫の足下は安全靴。何やら仕事で必要になり購入したらしいのですが今やすっかりキャンプ靴になっています。確かに安全靴ってキャンプにいいかもね。
 ↓
IMG_1821.JPG

ダッチオープンで鴨鍋を振る舞い、キャンプ場併設の温泉に入ってあったまってAさん夫妻とバイバイしたのですが、寒過ぎて全然写真を撮っていませんでした…。あーあ、記念写真とかちゃんと撮ればよかったなぁ。
 ↓
IMG_1822.JPG

とか思いつつ、実はAさん夫妻の新居は、我が夫の実家から徒歩5分。むしろ今後帰省のたびに会えるのでこれまでより会いやすくなるかもしれないのですけどね。

翌朝起きてみると…林間サイトの上の方ではチャリイベントが開催されていました。
 ↓
IMG_1823.JPG

我が夫が好きな感じの、障害物とか越えて行っちゃう競技イベントです。皆さんキメキメ!カッコいいですね。
 ↓
IMG_1825.JPG

(うーん、俺最近全然チャリ乗ってないんだよなぁ。)
 ↓
IMG_1826.JPG

(来年は俺も出てみたいなぁ…)
 ↓
IMG_1827.JPG

と、思っていたかどうかは定かではありませんが、チャリに限らず体を動かす活動をもっと取り入れたいよね〜と話しています。子育てと仕事とキャンプにかまけて運動不足に陥っているわが家夫妻なので…。
 ↓
IMG_1828.JPG

年末には新しいテントを購入しました。テントの中で焚火ができちゃうタイプです。キャンプのハイシーズンよりも秋から冬に掛けて少し寒くなってひと気が少なくなって来た頃のキャンプが好みのわが家としては、テント内で暖がとれることは何より大きな利点。さすがに年末年始はキャンプできないかもですが、1月にはどっかでスノーキャンプにも挑戦してみたいなぁと画策しております。
【2014まとめてアップ】ハイマート佐仲
2014年はわが家のキャンプ元年となりました。通算20泊くらいはしたように思います。毎回写真撮ってたはずなのですがあんまりちゃんと記録できてないなぁ。

とりあえず、写真があったものだけでも記事にしておこうと思います。こちらはハイマート佐仲という、篠山にある結構がっつり施設が充実したオートキャンプ場です。
 ↓
IMG_1748.JPG

実はオートキャンプ場でこんなに人が集まるようなところは初めて。見てくださいこんなに車がひしめきあっているなんて。
 ↓
IMG_1749.JPG

ここはお風呂もあるし、お酒も売ってるし、釣り堀もあるし、バンガローも宿泊施設もあるので、ライトなキャンパーでも使い勝手がよいのでしょうね。
 ↓
IMG_1750.JPG

うちはもはやライトなキャンパー域からは脱しつつありますが、まあこういうザ・オートキャンプ場な雰囲気もまた一興です。
 ↓
IMG_1751.JPG

確か10月の終わりぐらいだったかな?篠山は既に紅葉、というか落葉もしてました。
 ↓
IMG_1752.JPG

キャンプ装備もかなり充実してきました。ここだけの話、今年はキャンプグッズにン十万は投資したかもしれません…。キャンプする→反省会をする→装備を充実させる、をキャンプのたびにやってたらそりゃあそうなるって。
 ↓
IMG_1754.JPG

最終的にはこれだけの荷物が楽に入る車に乗り換えたい、という話になりつつありましたが、何とかルーフキャリアを装着するところまででとどまりました。今の車は色々思い出深いし、とても好きな車なので大切に乗りつづけたいと思っているのでね。

で、ハイマートのことあんまり書きませんでしたが、ちゃんとワカサギ釣りもしましたよ。釣れませんでしたけど…。
 ↓
IMG_1755.JPG

キャンプ場としては、すごーく充実した設備でそれはそれでよいとは思うものの、わが家のようになるべく人ごみを避けてひっそりと自然の中にとけ込むようにしてキャンプしたいタイプの家族には不向きかなー。まあでも、全然キャンプした事ない人たちにどっかキャンプに連れてってー!とか言われたらここに連れて行くだろうなと思います。私的には秋の終わりに行った、ひと気のない魚が滝荘キャンプ場の満天の星空に魅了されました。写真に撮れないのがまたいいんですよね。記録より記憶、です。

冬休みもどっかキャンプ行きたいのですが、その前におせちづくりと大掃除をしないとですね…。