西宮・築52年の平屋・リノベーションの軌跡
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
さよなら育休、さよならウーバレ
とうとう育休が終わってしまいました。嫁です。

先週の月曜日から職場復帰。またまた忙しい毎日がスタートしております。息子1歳6ヶ月は4月1日から無事娘と同じ保育園に入園。割とゆったりと慣らし保育ができて、今は朝とお迎えに行った時くらいしか泣かず、保育室ではニコニコ楽しく過ごせているようでほっとしております。

息子の慣らし保育の間は、子どもがいてはできないことを色々やるぞ〜と張り切っていました。家の中や外の片付けとか、娘や自分の洋服作りとか、子どもとは行けないお店でのショッピングとかとか…しかしそのほとんどが実行できないまま休みが終了。ま、そんなものですよね。

そんな中、どうしても行きたかったのがここ、ウーバレ・ゴーデンです。
 ↓
IMG_0953.JPG

どこを撮っても素敵すぎるこのレストラン。5月でクローズしてしまうのですよ。涙
 ↓
IMG_0952.JPG

エントランスの植栽は、この時期ブルーガーデンになっていました。
 ↓
IMG_0955.JPG

シルバーの葉っぱの使い方と、まっすぐに伸びた葉っぱの使い方が本当に上手ですねぇ。
 ↓
IMG_0954.JPG

どっから見てもオサレなお庭です。植物を隙間無く植えることと、高低差をつけること、お花は色数を抑えつつ葉っぱの色はバリエーションをつけること、がポイントなのかなぁ。
 ↓
IMG_0951.JPG

このグリーンのお花と、下にあるネイビーの小さなお花かわいい。
 ↓
IMG_0950.JPG

ここにもまっすぐに伸びた葉っぱ。うちにもこういうの取り入れようと思ったのでした。
 ↓
IMG_0949.JPG

自然なんだけど、きっと相当手入れされているんだろうな。
 ↓
IMG_0948.JPG

グリーンが多めなところも私の好みです。
 ↓
IMG_0947.JPG
濃いパープルのお花は、この後行ったプランツプランツで見つけて思わず即買いしてしまいました。
 ↓
IMG_0946.JPG

はぁ、この素敵なお庭ももしかしてなくなっちゃうかもしれないんだよなぁ。せつないなぁ。
 ↓
IMG_0945.JPG

さて、着席したのはお庭がキレイに見える席です。平日の昼間だったので、お一人様ランチしちゃいました。
 ↓
IMG_0933.JPG

テーブルなどの家具や、カトラリーを置くこの木の雑貨なんかは、ウタタネという作家さんのものだったかと。
 ↓
IMG_0934.JPG

高〜い天井が気持ちいい。
 ↓
IMG_0936.JPG

天井からは、高田ケラー有子さんの作品が。雑貨コーナーにも作品が置いてあります。
 ↓
IMG_0937.JPG

ランチは2000円くらいだったと思います。まずはジャガイモのフォカッチャ。最近私フォカッチャ好きなんですよね。家で作ってみたい。
 ↓
IMG_0939.JPG

お次は有機野菜のサラダとポタージュ。この野菜が、ドレッシングがまたおいしいのですよ。
 ↓
IMG_0940.JPG

メインは、普段家で食べることがない牛肉を。淡路牛だそうです。地産地消で、環境にやさしく安全な食材選びをしてくれるレストラン、西宮市内で他にどこかあるのかなぁ。
 ↓
IMG_0942.JPG

デザートは私の大好物のチーズケーキにアイスクリーム。
 ↓
IMG_0943.JPG
紅茶も兵庫県産のオーガニックのものでした。
 ↓
IMG_0944.JPG

は〜〜〜〜、どうしてこんなにも素敵なお店がクローズしてしまうのでしょう!本当に悲しいです。そして、わが家が毎年楽しんでいたウーバレの名物、おせち料理がもう二度と食べられなくなってしまうのがさらにもっと悲しい。

5月のクローズまでにまた何回か行けるかなぁ。子連れでも行けないこともないけど、できたら夫とデートで、ワインも飲みつつ…なんてことがしたいなぁと思ってしまうのですが、まぁそれは無理だろなー。

クローズした後は、テナント貸しになるとのことですが、まだ借り手など決まっていないとか。ぜひともこの空間とお庭を生かした、ウーバレのように素敵な場所に生まれ変わってほしいと願うのでした。
ウーバレ・ゴーデンのおせち
あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

新年一番のたなくじは…
 ↓
IMG_0202.JPG

とのことでした。そうですね、これからもずっと正直に生きて行きたいと思います。ちなみに右に見えてるのは夫のiPhoneでして、夫も撮影してましたがその後すぐ息子が夜泣きしたので何が出たのかはちゃんと聞いていません。。。

さて、お正月の楽しみと言えば、ウーバレ・ゴーデンのおせち料理です。今年はこんな感じでした。
 ↓
IMG_0203.JPG

重箱は、毎年同じ白木の箱です。布巾にはウーバレの丸いモチーフと紅白の飾り紐。今年のおせちのテーマ「満」から、満月のモチーフ、ともとれますね。
 ↓
IMG_0204.JPG

メニューカードはこんな感じ。ここの紙モノは本当にクォリティ高い。
 ↓
IMG_0205.JPG

ミシンで綴じてあるパラフィン紙の表紙をめくると、金色の紙が出てきまして…
 ↓
IMG_0211.JPG

それをめくると新年のご挨拶とおせちのテーマの説明が。
 ↓
IMG_0212.JPG

次は一の重のメニュー。
 ↓
IMG_0209.JPG

続いて二の重のメニューと、デザート、おまけの野菜とお屠蘇セットのこと。
 ↓
IMG_0210.JPG

こちらがそのお屠蘇セット。ウーバレは日本盛のレストランなので、お酒は日本盛の「山田錦」、それにお屠蘇に入れる薬草が添付されています。
 ↓
IMG_0208.JPG

こちらはデザートの「小豆のクグロフ」。まん中にオーガニックチョコが入っていて、レンジで温めて少しチョコを溶かして食べるそうです。
 ↓

IMG_0206.JPG

そして、じゃじゃーん、こちらがおせちの中身!美しいですね。
 ↓
IMG_0213.JPG

こちらが一の重。テリーヌが4種類も入っています。
 ↓
IMG_0215.JPG

テリーヌ…私が今最も興味のある料理です。伊藤まさこさんのレシピ本をそろそろゲットして自分で作ってみたいなと。ローストビーフのレア加減もかなりいい感じ。毎年入っているウーバレのお庭のオリーブも美味。

そしてまん中にある柚子釜の蓋を開けると…
 ↓
IMG_0218.JPG

「淡路産天然真鯛のおろしポン酢といくらの柚子釜」ですって!

こちらは二の重です。
 ↓
IMG_0214.JPG

右下の紅白市松になったのは「紅白甘酢大根」。レイアウトでこんなにオシャレになるのですね。その上にある黄色い料理は「かぼちゃとモナミチーズのガトー仕立て」です。このお重の中では最も新鮮な味わいでした。

ま〜どれもこれも美味しそうで、どれから箸を付けるべきかホントに迷いつつ…ちびちび少しずつ味わいながら一通りいただきましたよ。これがまたぜ〜んぶワインのピッタリなので飲みたくてたまらなかったのですが、小さいグラスに1杯程度で我慢我慢。授乳が終わったらいっぱい飲むぞ〜。

そして、ここのおせちは子どもにも安心。添加物、保存料など無添加で全てお店で手作りなのです。
 ↓
IMG_0219.JPG

味が大人向けですから、できれば大人がお酒のアテとして平らげてしまいたいところなのですけどね。子ども達も美味しくいただいてました。

ウーバレのおせちは私たち夫婦のお正月の最大の楽しみではあるのですが、一方で超・スタンダードな日本のおせち料理も子ども達に体験させてあげたいなあと思ったりしています。もう少し大きくなって何でも食べられるようになったら、ママがちゃんとお家で作るから楽しみにしててね。

さて、昼過ぎくらいまでだらだらとおせちをいただいたら、腹ごなしに初詣に歩いて出かけましょう。ちょっと風邪気味の息子は完全防備でいざ出陣。
 ↓
IMG_0221.JPG

近所の甑岩神社まで出かけましたが、元旦の午後とあってすごい人だかり。写真の左が境内で、そこに向かって長蛇の列ができていました。去年はこんなに人いなかったと思うけどなぁ。
 ↓
IMG_0225.JPG

わが家からアップダウンのある坂をえっほえっほと30分ほど歩いた後でこの列に並ぶ気にはなれず…綿菓子でも食べて今日はおいとまするとしますかね。
 ↓
IMG_0222.JPG

外に出ると…何と、お参りの行列は神社の外まで続いていました。今日は諦めて正解やったね。お正月休みの間にもう一度出直そうと思っています。
 ↓
IMG_0227.JPG

クリスマスからお正月にかけては、美味しいものを食べる機会が目白押しですね。さぁ、明日からはちょっとずつ通常モードに戻して、体をしっかり動かして体重が増えないようにがんばります!
娘・初めてのクライミング(ロッケストラ)
夫の趣味のひとつに、ボルダリングがあります。独身の頃は、時々ボルダリングジムに行ったり、北山公園や、奈良、武庫川なんかに登りに行ったりもしていました。

そして、何と言っても想い出深いのは、新婚旅行でフランスに行った時です。パリからレンタカーで1時間ほど飛ばし、ヨーロッパ屈指のボルダリングスポットである、フォンテーヌブローへ登りに行ったのでした。

これがフォンテーヌブローの岩場です。こうして改めて見るとすごいいっぱい登りがいのありそうな岩がありますね。手前にぼーんと置いてあるのは夫のクライミングマットです。これを背負ってエールフランスで乗り込み、日本からパリへと渡ったのですよ。
 ↓
DSC_0154.JPG

確かハイウェイをぶっ飛ばしてる途中で林が見えて来て、小さなパーキングがあり、その奥にこの岩場があったような。写真にはありませんが、当然のごとく外人さんがいっぱい登ってました。正しくは私たちの方が外人なんですが。アジア系のクライマーは私たちだけでした。イタリア語とかスペイン語とかしゃべってるお兄ちゃんとかもいたなぁ。あと、一人でもくもくと登ってるお姉ちゃんも。みんなめっちゃかっこよかったです。
 ↓
DSC_0156.JPG

とか書いていたら当時のことをいっぱい思い出してきました。パリ市内で車を借り、怖い怖いハイウエイを飛ばしてここまで来たのでした。レンタカーはババーンとベンツ様が出て来ましたが、ヨーロッパではベンツ様って感じでもないんでしょうかね。左ハンドルだし、ランダバウトですっけ?あの曲がる時にぐるっと回ってる道。あんなのもあるし、パリ市内は8車線くらいのでっかい道路で、行きたい方向に向かうのにガンガン飛ばす車の間 を縫っていっぱい車線変更しないといけないし、ほんっとうに怖かったです。

そういう怖いシチュエーションで、怖がりながらも果敢に、でも慎重にチャレンジしていく夫の姿に改めて「この人と結婚してホントよかった」と思ったりしました。そういや最終的にあのベンツ、ガリッと傷つけたな〜。さすがにもう時効ですよね!?

ついでなので泊まっていたパリ市内のアパルトマンでの写真。キッチンで料理をする私と夫。
 ↓
DSC_0172.JPG

家具やキッチン用具、基本的な調味料は備え付けてあり、まるでパリに暮らしているように過ごせるというのが何と言ってもアパルトマンの醍醐味です。
 ↓
DSC_0169.JPG

この日の料理は何と、豚の生姜焼きとサラダと白メシ。海外に行くとむしょうに普段の醤油味が恋しくなる、根っからの日本人です。こういう時食べるとまたおいしいんだ。
 ↓
DSC_0168.JPG

ところでこの写真、夫も私も映り込んでますが、誰が撮影したのか…というと、夫の幼なじみでわが家のドアをデザインしてくれた建築家Aさんが撮影してくれました。Aさんは同じ時期にパリに行く予定という話は聞いていたのですが、関空に行ってみたら何と同じ飛行機!しかも夫のすぐ後ろの席!だったのでホントにびっくりしました。

そんなこんなでフォンテーヌブローも一緒に行ったし、滞在中も何度かアポを取って遊んでもらったりしました。Aさんは周りの女子から「どこまで邪魔しにいくねん」みたいなことを言われたそうですがとんでもない。楽しくて想い出深い、特別な新婚旅行になりました。

さて…子どもができてからはまだ一度もボルダリングをやったことがなかったのですが、娘も3歳になったし、そろそろ子供用のジムくらいだったら一緒に行けるのでは?ということで、行ってきました。西宮山口にあります、ロッケストラです。
 ↓
IMG_2592.JPG

ここは、小学生以下の子どもも登らせてくれる数少ないジムのひとつです。入り口手前に子ども専用の壁が設置されていました。シューズも子供用のものがレンタルできます。
 ↓
IMG_2576.JPG

こっちの僕ちゃんは…さすがにまだ登れませんが、やる気だけは人一倍だよ!という顔をしています。
 ↓
IMG_2577.JPG

さぁ、登りましょうか!娘3歳、かなりテンション上がってまして、夫がやり方を教える前にもうホールドに手をかけて自由に登り始めてました。
 ↓
IMG_2582.JPG

んしょ、こんな感じ?
 ↓
IMG_2583.JPG

手足の運び方が、なかなかサマになってます。
 ↓
IMG_2585.JPG

想像以上に足を上に置いておかないと、さらに上には登って行けないんですよね。そんなことも体で覚えて行きそうな感じです。
 ↓
IMG_2586.JPG

ん?俺のこと?と僕ちゃん。違う違う、お姉ちゃんのことよ。
 ↓
IMG_2587.JPG

ん〜っと、次はどこつかもうか〜〜。
 ↓
IMG_2588.JPG

もうこの子のことはほっといてもてっぺんまで行けちゃうんじゃないでしょうかね。と思うくらいにコツをつかんでました。
 ↓
IMG_2581.JPG

小さい子の運動能力というのは本当にすごいですね〜。娘の場合、好奇心も手伝ってぐんぐん伸びそうな気配です。
 ↓
IMG_2590.JPG

子供用の壁は大人用のスペースに比べると小さいのですが、それでも同時に子ども3人くらいは登れるくらいはありそうでした。
 ↓
IMG_2593.JPG

上の写真ではトリミングしちゃってましたが、実はこうして下で大人が構えておかなくちゃなりません。
 ↓
IMG_2601.JPG

もしパッと手を離してしまった場合でもちゃんと着地できるように補助するのですね。
 ↓
IMG_2602.JPG

娘はこれもう5本目くらいじゃなかったかしら。すごい体力やな〜と思います。
 ↓
IMG_2603.JPG

この日は空いていたので、動きたい欲でいっぱいの僕ちゃんは大人用の壁スペースに乱入。
 ↓
IMG_2608.JPG

まさかのマット上でハイハイ練習!
 ↓
IMG_2609.JPG

まさかのあんよ練習!
 ↓
IMG_2610.JPG

マットはあんまり安定していない割にちゃんと進んでますね。イッチニ、イッチニ!
 ↓
IMG_2611.JPG

最後は自分で拍手しておりました。笑
 ↓
IMG_2612.JPG

娘は最終的には「ここより上に行ったらすごく高いよ」という印のイエローラインにかなり近いところまでぐんぐん登っちゃいました。すごいねー!
 ↓
IMG_2614.JPG

壁にへばりつきながら、「うっ、くっ、た、たのしい!」とつぶやいていたのはこの娘です♪いや〜本当に、夫よりうまくなるんじゃないですかね、この調子で練習していったら!
 ↓
IMG_2621.JPG

いや、僕ちゃんの方がもっと上まで行くし!と思ってると思いますが、まああと2年くらいはまだ難しいんじゃな〜い?
 ↓
IMG_2619.JPG

3歳と0歳の二人を連れての初めてのクライミングジム。親の私たちは子守りがメインなので、それぞれ3〜4本くらいしかチャレンジできませんでしたが、かなり楽しめました。とにかく、娘3歳が本当に心から楽しそうに登っているのを見て、夫は「自分の子どもと一緒にクライミングを楽しむという夢が現実になったんだなぁ」と、じ〜んと感動し「これでまた一週間歯を食いしばって仕事がんばれる」とまで言ってました。よっぽど嬉しかったのね。よかったね。

クライミングは、先日オリンピック競技から外れてしまいましたが、何となく、こうして細々と好きな人たちが集まってわいわい楽しく登っている、という雰囲気がいいなと思ってるので、変にメジャーにならなくてよかったかもね〜なんて思ってます。

もうすぐ秋本番、季節がよくなってくるので、今年はぜひ、家族で北山公園に登りに行ってみたいなと思っております。
コープ自然派プチパーティ
8月のある平日、G-FLATさんをお迎えしてプチパーティをしました。

プチパーティ・・・わが家が取っている「コープ自然派」の企画で、ケータリングでランチパーティをしてくれるものです。3〜4人分を何と、2,000円!!でやってくれて、自然派の食品があれこれ試食できて、しかも準備は全部自然派のスタッフがやってくれるという、夢のようなプランです。あまりにお得なのでG-FLATさんの島岡さんに「うちでプチパーティしませんか」とお声がけし、「ぜひぜひ」ということになったのでした。

G-FLATさん、わが家をリノベーションしてくださってから早くも3年目に入ります。普通はリノベーションが済んだらハイ、おしまい、となることが多いと思いますが、スタッフの皆さんととても気が合ったわが家は、今でも時々こうしてお会いすることがあります。

今回は、最近新しいスタッフが増えたということで、G-FLATさんのメンバー全員でわが家を見に来られました。こういうリノベーションの事例がある、ということで半分研修を兼ねてのパーティとなりました。
 ↓
 IMG_2385.JPG

わが家に初めて来られた新しいスタッフの方、一番興味がわくのは薪ストーブのようです。
 ↓
IMG_2389.JPG

外から様子を眺めるG-FLATの皆さん。あのー、そこ結構散らかってたと思うんですけど、すみません。
 ↓
IMG_2388.JPG

G-FLATの皆さんがわが家を見学している間にコープ自然派のスタッフの方がどんどん準備を進めています。ここの鶏肉、スーパーのとは全然違いますよ。薬物投与されていなくて、自然に近い状態で育てられていて、肉質がとてもよいのです。
 ↓
IMG_2387.JPG

えっ、どんな肉だって?ちょっと見せて!食べさせて!てな表情のこの僕ちゃん。
 ↓
IMG_2386.JPG

G-FLATの皆さんにいっぱい遊んでもらえてしばらくご機嫌でしたが、眠くなってギャーと泣き出したら即おんぶでねんねしてました。

皆さんひとしきり家の中を見ていただいた頃に、準備が出来上がりました。この日は「焼き肉コース」というのにしました。ホットプレートや下のクロスも自然派さんが持ち込んでくださり、助かる助かる。
 ↓
IMG_2390.JPG

ウッドデッキでBBQって感じの方が盛り上がるかとは思ったものの、平日のランチタイムは炭焼き係の夫が不在だったので、冷房の効いた室内で焼き肉です。最初は肉、肉、肉〜〜っと焼いて行きます。
 ↓
IMG_2392.JPG

うまそう〜〜。
 ↓
IMG_2393.JPG

普段は高くてなかなか買えない牛カルビ肉、豚バラ肉のおいしいこと!鶏肉と同じく薬物投与の無いものです。肉質がいいのでタレより塩がオススメってことで、これも自然派で売ってる塩こしょうとハーブ入りの塩こしょうでいただきました。

ソーセージはいわゆる「無えんせき」。原材料のところを見ると「豚肉、豚脂肪、砂糖、食塩、香辛料」以上!って感じです。そしてちゃんとおいしいのです。 普通のソーセージもね、確かにおいしいんですけどね、裏側を見てみてください。添加物まみれで、子どものことを考えるとやっぱり色々気になるわけです。

笑顔で肉を焼いてくださる自然派のスタッフさん。食事の準備をしなくていいっていうのは何てラクチンなんでしょうね。
 ↓
IMG_2394.JPG

G-FLATさんは今メンズ率が高いので、肉、肉、肉〜!!とガンガン行っちゃってました。

そして最後のお楽しみは・・・デザート。こちらも添加物の入っていないシュークリームですって。期待通り、ちゃんとしたおいしさでした。
 ↓
IMG_2395.JPG

ん〜〜夫がいない間にこんなにおいしい思いをしちゃうなんて。…でも、毎日ドタバタと育児家事に追われている私、たまにはこんな時間を楽しませてもらってもいいですよねん〜?欲を言えばビールが飲みたかったのですが、そんなことしたらさすがに罰が当たりそうです…。
お店レポ番外編:エフスタイルin新潟
2ヶ月近くもブログを放置してしまいました。。。

このブログをよく読んでくださっている方は、「もうブログ更新なんてめんどくさいと思ってるのでは?」とか「もしかして育児ノイローゼでは?」とか「はたまた離婚!?」とか心配されているかもしれませんが、今のところそのどれにも該当してません。笑

単純に色々忙しくしてました。ノロみたいなウイルスにかかって体調を崩したり、息子にアレルギーの疑いが出てお世話に時間がかかっていたり、夫婦両方の実家への帰省をしていたり、ちょっとだけ仕事で文章書く案件が残ってたり・・・。「あれを終わらせたらブログ書こう」と考えつつ、ひとつひとつノルマを果たして行くとあっという間に夜中になってしまい、なかなかブログ更新にこぎ着けませんでした。

あと、この1年くらいfacebookに色々書き込むようになってて、小ネタのアウトプットはそっちで何となく満足してる感があるのも、ブログ更新が進まない要因のひとつかと思います。どうなんですかね・・・faceboook。使い方にもよると思いますが、私の場合今のところ単なる知り合いの近況確認用ボードって感じです。極端な話、ないならないでも全然暮らして行けるのでしょうね。むしろこのブログにちゃんと向き合うには思い切ってやめちゃった方がいいんじゃないかと、たまに考えてしまいます。言い訳はさておき、時差はかなりありますがブログに残しておきたいと思ってたネタをちょっとずつUPしていきたいと思います。

まずひとつめのネタは、夫の実家・新潟に帰省したときに行ってきました、「エフスタイル」というお店です。エフスタイルとは・・・知る人ぞ知る素敵なクリエイターユニット。新潟出身で、新潟を拠点に活動している女性2人組です。新婚さんのときにたまたま雑貨屋さんで見つけたこの本がきっかけでファンになりました。
 ↓



主に東北の民芸や技術を生かして、素敵なデザインの雑貨を次々と生み出している人たちです。以前は新潟市街にギャラリーがあったそうなのですが、昨年こちらの元倉庫という建物にお引越されたそう。
 ↓
IMG_1111.JPG

L字型の外観はスッキリ、きっぱりとシンプルです。(ちなみにまん中に写っているのは義兄)

近づいてみると・・・ちょっと錆びた風合いがカッコいい勝手口のドア。
 ↓
IMG_1114.JPG

エントランスのディスプレイもシンプル、ミニマム。いいですねぇ。
 ↓
IMG_1116.JPG

さあ、お店に入ってみましょう。(前を行くのが義兄と娘3歳。後ろが夫と息子当時5ヶ月)でっかいガラスの引き戸、かっこいい。
 ↓
IMG_1115.JPG

ばばーん!と高い天井に広がる大空間。ハシゴで上がる2Fのフロアから撮った写真です。めっちゃかっこいいです!雑貨も什器も建物も丸ごとくださいって感じです。
 ↓
IMG_1117.JPG

ハシゴ状の階段のアップ。天面は木になっています。娘3歳がとても登りたがりましたが、子どもは危ないから登らないでね。
 ↓
IMG_1123.JPG

このテーブルはアンティークかな?椅子が一緒についたものです。作業机っぽくていいですねぇ。
 ↓
IMG_1122.JPG

壁面にはカードなんかがディスプレイされてました。こういう風に空間に余裕を持たせた飾り方好きです。
 ↓
IMG_1124.JPG

小さめのアラジンストーブ。訪れたのは3月末でしたが、現役で火がついていました。
 ↓
IMG_1125.JPG

棚の一番下に置いてあるカゴがとても欲しかったのですが、今回はとりあえず下見だけにしました。うーん、やっぱ欲しいなぁ。
 ↓
IMG_1126.JPG

セミオーダーの靴のディスプレイ。靴もかわいかったですが、これがおいてあるベンチがまた素敵。こういうのうちのウッドデッキに欲しいです。(夫、これ作れるよね?)
 ↓
IMG_1129.JPG

洋服も少しですが扱われていました。どれもシンプルで素材がよさそうなものばかり。こういうのをオシャレに着こなせる大人になりたい。
 ↓
IMG_1128.JPG

窓越しに見えるのは事務所のキッチンです。使われている台所道具も素敵です。手前のアトリエテーブル、脚の細さがいい感じ。このテーブルの端っこにいるヒョウタンふたつはスピーカーになってました。
 ↓
IMG_1131.JPG

お手洗いの横にあった洗面台です。
 ↓
IMG_1130.JPG

2Fにはエフスタイルの代表作とも言える、マットがたくさん並んでました。これもかなり欲しいもののひとつ。
 ↓
IMG_1118.JPG

クッションカバー。地味?かもしれませんがこういうのをカッコよく置ける部屋が理想ですねぇ。
 ↓
IMG_1120.JPG

椅子はどこのものだろう。おそらく日本のものだと思うのですが・・・。売り物ではなかったみたいです。
 ↓
IMG_1119.JPG

このランプかわいい。これも売り物ではないと思われますが・・・。
 ↓
IMG_1121.JPG

お店丸ごと欲しくてさんざん悩んだあげく、今回この3つをお買い上げです。ゴムのない靴下と、シルクのバスミトン、鳥の形をしたシルクのにぎにぎです。
 ↓
IMG_1133.JPG

結局1時間近くも滞在してしまいました。エフスタイルの雑貨は全国のセレクトショップで手に入るようで、神戸だとhausに入ってるみたいです。

まあでもセレクトショップだとエフスタイルの商品全部があるわけじゃないし、この空間の雰囲気はここにしかないだろうから、やっぱりファンとしては足を運べて本当に嬉しかったです。ギャラリーではイベントなんかも時々やっているようで、新潟住まいの方がうらやましい限り。帰省のたびに立ち寄りたいスポットがひとつ増えました。