西宮・築52年の平屋・リノベーションの軌跡
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
三田→篠山・薪ショッピング
ここのところ毎晩大活躍の薪ストーブくん。
 ↓


建築端材を薪として分けてくれる、三田のサナダさんにふた月に3回くらいのペースで取りに行けば何とか間に合っていたのですが、さすがに毎晩ドンドン使っているとそれでは足りなくなってきました。

そんなある週末。今、サナダさんに行かないと今晩燃やす薪がない!という状態だったので、朝からサナダさんに電話すると「今日は休みなんですー」とのこと。そう、この日は土曜日でしたが建国記念日で祝日だったんです。がーん。

ということは普通に売ってるかっこいい薪を調達するしかないな・・・ということになり、せっかくなので家族みんなで三田〜篠山あたりをぶらぶらしながら薪ハンティング(というか単にショッピングだな)に出かけることにしました。

早速ついたのは、じゃーん。JAのやっている道の駅「パスカル」です。
 ↓


今、世の中的に最も盛り上がっている場所って、道の駅とホームセンターなのではないかと思うのです。もはや郊外型ショッピンモールでも、まして都会のごみごみした百貨店やファッションビルでもないのでは?と思ってしまう・・・というのはわが家だけ??

この道の駅に着いたのはちょうどお昼過ぎぐらいだったのですが、中に入ってみると、もはや野菜がほとんどない・・・。どうも午前中で一通り売り切れてしまっていたようです。私たちの両親世代くらいの人たちがワイワイと楽しそうに買い物を終えていらしたので、どうやら皆さん早起きして買い出しに来られているようですね。

三田といえば三田牛、ということで、お肉のコーナーには牛肉の種類が豊富。比較的求めやすい値段で置いてありました。あと、篠山が近いので猪肉も少しありましたよ。内陸の地なのでさすがに海産物は一切ありませんでした。その他丹波の黒豆とか大豆とか乾物系がたくさんと、天然酵母のパンやら手作りクッキーなんかがいっぱい。ああ、麗しき道の駅です。

そして本日のメインターゲット、かっこいい薪です。
 ↓


実はスーパーに入る前にはこのパレットの手前まで二段積みになっていたのですが・・・帰り際に買おうと思って中でゆっくり買い物している間に別の方が買いにこられてずいぶん減ってしまったようです。

まずは台車に積み込んで・・・
 ↓


車に積み込みます。
 ↓


この薪ですが、はっきりいってかなり重たいです!!一束20キロくらいあるんじゃないかしら。娘1歳11ヶ月が今15キロくらいあると思うのですが、娘よりもぐっと重たい気がしました。それを何束も何束も、台車に積んだり車の荷台に積んだり、最終的には家の中に搬入するところまで、夫は一人でやってくれているわけですね。いつもありがとうよ。これ、かなりの重労働です。電話一本で配達も頼めるような所がある気がするのですが、コストパフォーマンスがいかほどのものか疑問でまだあんまり調べきれていません。ヤフオクなんかでは色々出てるみたいなんですけどね。

ちなみに今回購入した薪は、一束400円でした。西宮市内の薪ストーブやさんで買うと一束600円くらいです。三田で買うと、自力で自宅まで運ばねばなりませんのでこの差額をどう見るかは人それぞれかと。二人とも時間に余裕のある身分なら山に入って薪を拾い、夏の間に乾かして冬使う、とかやれるんでしょうけどねぇ。わが家ではなかなかそこまでやれていません。

で、せっかく三田まで来たのでもう一足伸ばして篠山まで行ってみることにしました。篠山と言えば最近話題のエリアですよね。わが家が掲載されたLiVESでも特集されてました。あのLiVESを持って来てたらよかったのですが、思いつきでふらりとドライブしてきたのでガイド的なものはiPhoneを除いて手元に何もなし。

とりあえず市の中心部と思われる篠山城趾あたりに行ってみましたが・・・何かよくわかんなかったのと、寒そうだったので娘を外に連れ出せないなぁということになり、食べログで調べて出て来たこちらのカフェに行ってみました。「futaba cafe」です。
 ↓


一軒家の1階がカフェになっていて、手前に見える屋根の上は植物が植えてありました。ランチをしようと思っていたのですが、既にランチの時間は終了していたので、スコーンとパンのセットをいただきました。

窓からの眺めはこんな感じ。寒そう〜。でも、景色が抜けていて気持ちがいいです。あったかい季節だとまた違った色あいになるのでしょうね。
 ↓


店内はまったりとした雰囲気。どうもロールケーキがイチオシのようでしたが、ランチ目的で来た私たちのお腹はまずはしょっぱいものがいただきたく、今回はトライしませんでした。お客さんの感じからして、ご近所の方々に愛されている場所なんだなぁと思いました。こういうカフェっていいですよね〜。何を隠そう私は20代のころから郊外の一軒家でカフェをやる!という野望を持ち続けていましてね。いいな〜〜〜、アタシもいつかやる〜〜〜と思いました。まあでも今更カフェって訳にも行かないだろうけどね。

さて、腹ごしらえが終わり、動き回りたくてウズウズしている娘1歳11ヶ月と共にカフェのまわりをお散歩してみることにしました。
 ↓


小川と田んぼ、遠くに見える大きな樹。まさに田舎の原風景という感じでほっとしますねぇ。

娘とは、その辺に転がっている小石や葉っぱを小川に投げて遊びました。
 ↓


小石を投げてちゃぽん!となる音とお水が跳ねる様子、そして葉っぱをえいっと投げて葉っぱがすい〜と流れて行く様子。どちらも娘の興味をひいたようでして、何度も何度も投げてはじっと見つめていました。

最後は夫と追っかけっこです。
 ↓


最近、走り方もそのスピードもかなりしっかりとしてきた娘1歳11ヶ月。手加減なしで走らないと追いつかなくなってきました。
 ↓


西宮→三田が40分くらい、三田→篠山がさらに40分くらいだったかな。帰りは娘が車の中で結構ぐずってまして、ちょっと大変でしたが、たまにはこんな風に家族でふらり遠出するのも楽しいものですね。

そしてポイントは、何と言っても朝起きて「そうだ、三田行こう」みたいに思いつきで行動することなんです。「今週末は土曜日に三田行こう」と計画しちゃうと、その瞬間にその計画に向かって事前にあれこれリサーチしたり家の中を片付けて準備したりしてしまうんです。しかも徹底的にやってしまうもんで、かえって疲れてしまうことが多々ありますのでね。汗

薪も無事調達できたし、ちょっといつもと違う景色にも出会えたし、大満足の三田・篠山ツアーだったのでした。
さぶいっす
最近ブログの更新頻度が落ちているのは・・・帰宅後娘と遊んだり家事をしたりして21時には寝てしまうことが多い、ということもありますが、何と言ってもPCのある部屋が寒いのでそこに数十分も座ってられんわ〜、ということもあります。

そんな寒い日が続く中でも、今日は格別に寒かったですね!わが家の愛車もこの通り雪化粧・・・
 ↓
 

夫の愛車もかなり寒そうです。ブルっ。
 ↓


帰宅すると、ウッドデッキもうっすら雪化粧してました。
 ↓
 

明日道が凍ってたら困るな〜〜。わが家の車は雪対策を何にもしてないんですよね。チェーン買おうかとか、いやスタッドレスにすべきでしょうとか、色々話してたんですが結局何もしないうちに雪の季節になってしまいました。

もし明日道が凍ってて車が使えないとなると、娘1歳10ヶ月の保育園の送迎は雪道の中徒歩でバス停まで行き、そこからさらに徒歩で保育園まで行くってことになるのか・・・?ううううう。考えただけでもかなりさぶいっす。ブルブルブルっ。

そんなことを心配しても寒さは変わらないので、薪ストーブ料理でも仕込むとするか!ということになり。週末に業務スーパーで安くゲットしたヨーロッパの豚肩ロース肉を塩豚にしておきまして、それを凧糸で縛り・・・
 ↓


ショウガのスライスと一緒にルクルーゼにぽとーん。
 ↓


そのままほったらかすこと3時間超。さっき夫が箸で触ってみたところ、ぷりっぷりでかないおいしそうにできてるみたいです。明日、節分の巻き寿司と一緒にゆず胡椒とかでさっぱりいただこうかな。スープも何かに活用できるような気がします。

業務スーパーのお肉・・・海外のお肉だと特に臭みが気になる場合がありますが、塩漬けにしたり燻製にしたりしちゃえば結構大丈夫ですよ。今回のお肉は実は写真の3倍の量がありまして、3分の2は茹で豚に、3分の1はハーマン+doのダッチオーブンのレシピを見て、ショウガとネギと醤油に漬け込んで焼豚にしました。

肉食系女子の娘1歳10ヶ月も喜んで食べてくれるかな?
薪割り
わが家の冬のリビングの主役、薪ストーブくん。
 ↓


今年も、薪は建築端材を分けてくれる三田の業者さん、サナダさんにお世話になってます。針葉樹の端材で、まな板みたいな形をしてます。
 ↓


去年は引っ越して来たばかりで余裕がなく、娘もまだ小さくてお世話も大変だったこともあり、薪ストーブのお世話は夫に任せっぱなしでした。今年は薪ストーブのお世話を積極的にやるぞ〜と決めた私。この半月くらいで、着火から灰の始末までバッチリマスターいたしました。

着火用の薪は、建築端材の薪を割って作っています。薪割り用の木の切り株。玄関先に置いているのですが、実はこれ、リノベーションの工事中にこの家の庭で伐採された木の切り株を、工事のお兄さんにお願いして取っておいてもらったものです。
 ↓


鉈をまな板薪に当てて狙いをさだめて・・・(この写真は夫がやってるとこです)
 ↓


鉈とまな板薪を一緒に軽く振り下ろすと、トーン!と割れます。
 ↓


どんどん割って行きましょう〜。トーン、トーン
 ↓


トーン、トーン
 ↓


15分もすればこのくらいの着火用薪ができます。
 ↓


これを細くしぼった新聞紙の上にふわりと置いて、新聞紙に着火し、火が大きくなって来たところでまな板薪をガコーンと投入します。炉内の温度が200度くらいに上がるまでは空気穴を全開にしてしっかりと炎をたて、その後は火の勢いと炉内の温度に応じて空気穴の開け方を調整する、という感じです。

当初、薪ストーブは土日限定で、平日はガスファンヒーターを使用していました。しかしガス代がバカにならないんですよね。私が薪ストーブのお世話ができるようになってからは、平日も毎晩使うようになりました。

すると・・・薪があっという間になくなってしまうんです。サナダさんで調達する薪の量は、一度に車ギュウギュウ詰めでだいたい200キロ分くらいあり、それで1000円とか1200円くらいなのですが、毎晩使って週末は昼間も使うとなると、200キロが10日くらいで使いきっちゃうくらいです。針葉樹って燃え方が早いので、ドンドン薪をくべていかないといけないので、減り方が早いんでしょうね。今日も夫が一人でサナダさんに行ってるところです。

薪ストーブはお部屋のあったまり方が全然違うし、ガス代も節約できるので、薪は常に大量にストックしておきたいところです。

そしてもうひとつの活用法が・・・じゃーん。煮込み料理です。
 ↓


何と一度に4個もの鍋を置いて調理できます!仕事しながら育児してると、平日帰宅後夕食の準備をする時間が全く取れないため、毎週末大量に料理を作り置きしてるのですが、冬は煮込み料理をいくつも作っておくと安心。お鍋をあっためるだけでご飯にありつけますからね。薪ストーブの火はガスの火とは何かが違うんですよ。ただの筑前煮でも、なぜかとろっとしっとりおいしく仕上がる。ブリ大根なんかでもそうです。火の通り方が違うんですかね。

今年は3、4月くらいまで寒くなるということですから、しっかり活躍してもらおうと思います。そうなると、遠く三田までの薪の調達がちょっとめんどくさくなってきちゃうのですがね。軽トラでもレンタルして家族で行けたらいっぺんに持って来れる量が倍になるのですが、レンタカー代考えたらあんまり得じゃなさそうだしなー。何かうまい薪の調達方法を考えたいと思っている今日この頃です。
煙突掃除の下見
 わが家のリビングのシンボル的存在の薪ストーブ。
 ↓

 

11月ぐらいか ら既にちょくちょく火を入れているのですが、これからがいよいよ本格的なシーズンです。薪ストーブを導入したときに、「1年に一度は煙突掃除をしてくださ い」ということを薪ストーブやさんから伺いました。煙突の管をはずして、ブラシを使って自分で簡単にできるとも。

ということで、まずはどのくらい汚れているのかを確かめてみることにしました。早速脚立で屋根に登る夫。
 ↓

 

はっ。とこちらを振り向く様は、まさしくドロボーです。笑
 ↓

 

ヤッホー。気持ちがいいぞー。
 ↓


いいなー。娘1歳8ヶ月も手を伸ばして応えます。
 ↓

 
どれどれ、と煙突の中をチェックしてみます。
 ↓

 
ちょっと一服してから帰るねー。 注)たばこではありません。夫はノンスモーカー。
 ↓

 
で、結局煙突の汚れはどうだったのかというと、やはりそこそこにすすが付着していたようです。でもすすに火がついて火の粉が煙突から出ちゃう、みたいな事態になるほどの量では なかったもよう。でも、こういう汚れって気づいたときには掃除がえらい大変な状態になってることが多いので、症状が軽いうちに対処しておくべきかと思われ ます。来週以降にでもちゃんと掃除してみようかねぇ。

私はというと、屋根のうえに登ってみたかったのですが、この日はぼろぼろになってきたビルケンだったので遠慮しておきました。気持ちだけ・・・ということで脚立の途中まで登ってちょっと新鮮なアングルで畑をパチリ。
 ↓

 
かなりいい感じに野菜が生育してます!!

そして・・・何とこの人まで脚立に!
 ↓

 
脚立をよじ登り、上を見上げる姿はさながらトップクライマーです。
 ↓

 
ふと気づくと脚立の2段目くらいまで自分で登ってたのでびっくりしました。すかさず夫が下でスポッターを務めます。
 ↓

 
最近、洗面所の台とか食器棚とかテーブルとか、手をかけられるところを見ると指でぶらさがって遊んでいるわが娘。どうも壁とか高いところを見ると登りたくなっちゃうようです。nina’sの取材のときに作りかけたボルダリング用の壁は、ホールドが娘に合わず施工を中断したままなのですが、早めに本格的な壁を設置してあげるとボルダリングの才能が開花するかもしれません!
薪ストーブの冬支度
夏場は柵を取り払っていたわが家の薪ストーブ。
 ↓


スッキリしてカッコいいと気に入っていたのですが、そろそろ火を入れるシーズンなので、チャイルドガードをセットすることにしました。
 ↓


昨年の冬はまだつかまり立ちし始めたくらいだった娘。今は元気に家中を走り回っておりますので、チャイルドガードは必須アイテムです。
 ↓


去年のことを思い出したのか?早速柵につかまってみる娘1歳7ヶ月。
 ↓


お〜背伸びをしてみたりもするのか。ストーブに手届かないよね!?
 ↓


ネジを留める台は去年のままにしてあるので、ドライバでネジを回せば取り付け完了。
 ↓


じゃーん。できあがりです。
 ↓


この日はちょっと寒かったので、早速今シーズン初の点火式を。着火用の薪は先日夫が作ったこのお家に元々あった樹の小枝です。
 ↓


着火用の新聞紙を丸めて下に敷き、小枝薪を載せて・・・
 ↓


マッチで火をつけると・・・
 ↓

ぼわ〜っと燃え上がりました!
 ↓


と思ったらすぐに鎮火。どうも、新聞紙が燃えただけで、着火用の小枝には火がつかなかったもよう。もしかして湿ってたのか!?
 ↓
 

気を取り直して、今度は去年使用していた建材の端材薪で着火することに。
 ↓


このやり方なら去年いつもやっていたので確実に火がつくはず!
 ↓


しばらくすると・・・燃え上がりました!!
 ↓


よかったよかった。いや〜気分が出ますねぇ。

去年あたりから「わが家にご招待します」と約束しているお友達が何組かいるのですが、なんだかんだと予定が合わず、夏も秋もお招きできないままになってしまいました。せっかくだから薪ストーブシーズンに入ってから、ピザとか焼き芋とかして遊べる方がよいかなと思っております。冬ならではの楽しみを分かち合えたらと!ということで、皆様お楽しみに〜♪