西宮・築52年の平屋・リノベーションの軌跡
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
IKEAキッチン・導入1年10ヶ月のレビュー
導入して1年10ヶ月が経過しましたわが家のIKEAキッチン。
 ↓


ここ最近の使用感をまとめておきます。
----------------------------------------------------------------------------------------
【前面パネルのステンレス】
大分汚れてきました。水拭きでは水の跡がついて汚くなるだけなので、時々「激落ちくん」で軽くこすったりしてます。これにより細かい傷はついてると思いますが汚れは落ちるのでまあこの掃除の仕方でもいいかと思ってるところです。ずっと鏡のようにピカピカにしときたいと思っている訳でもないし。激落ちくん後は割とキレイにしてます。

【ハーマン+doのダッチオーブン機能とグリル機能】
何だか最近調子が悪いです。エラーコード02というのが頻繁に出まして、調べてみるとこれは「庫内異常高温」ということ。火を消してしばらくしてまた着けてみたりするのですが、それでもまた同じエラーが出ることがあり、「何が悪いのかなあ」と首をかしげてます。点検に来てもらおうと連絡したら点検して仮に異常がなくても出張料がかかると言われてしまったので今のところほったらかしにしてます。お魚を焼くくらいなら影響ないので・・・。まあいずれちゃんと見てもらわないとな。

【排水について】
これは実は導入当初からずっと不満を持っていたのですが、単なるクレームになると思ってこのブログには記載していませんでした。でも、このたび夫の友人から有力な情報&解決策があることがわかったので、とりあえず現状の不満について書いちゃいます。

IKEAキッチンの排水、ハッキリ言ってめっちゃ悪いです!実は使い始めた初日からずっと我慢してました。だってお鍋にお水をためて洗い、そのお水をじゃーっと流すだけで、6~7センチほどシンクに水がたまるんですよ。その後10数秒くらいしないと流れて行かない。これには「え!何これ!?」と思ってしまいました。実際に使ってみないとこの感覚はわかりにくいと思いますが、これまでに住んできた賃貸のマンション、アパートのどのキッチンよりも排水が悪いです。

それで、先日たまたま夫の友人の空間デザイナーの人がわが家に泊まりに来てくれて、彼は店舗の内装デザインなんかを手がけていてIKEAキッチンのこともよくご存知だったのですが、彼曰く、「IKEAキッチンは国産のキッチンと比べて配水管の構造がイマイチなんですよね」と。そして、「IKEAにも売っている別のパイプと交換することで排水がよくなりますよ。水道屋さんに依頼するか、いや、買って来て自分でもできるな」とのコメントも!

ということで今彼に詳細情報の提供をお願いしてるところなのですが、お忙しい方なので今度泊まりに来てくれた時に一緒に調べて解決しようと思っているところです。いつになるか未定ですが、解決できたらまたこのブログに記録しておこうと思います。

たぶんわが家だけの悩みじゃないと思うんだけどな。IKEAのスタッフに聞いたらわかるのだろうか。いや、オーダーしたときの感じからするとIKEAにはあまり頼れない気がするし、やはり友人の情報を待とうと思います。笑

----------------------------------------------------------------------------------------

使用感については上記のような状況です。キッチン全体としては冷蔵庫の横に置いていた棚を奥にやり、以前友人の彫刻家に作ってもらった食器棚を新しく配置しました。
 ↓


ちょっとした違いなのですが、結構スッキリ見えるレイアウトになった気がしてます。この食器棚は独身のときにオーダーしたものなのですが、すごくかわいくてお気に入りなので、また別の記事で紹介しようと思っています。

あともうひとつ、コンロ横の無垢材ワークトップ部分に、大理石の天板を置きました。大きな鍋敷き状態で、電気ポットや熱いお鍋、麦茶ポットなんかを置くのに使っています。
 ↓


この大理石の天板は、実は売り主さんが譲ってくださった置物から取り出したものなのです。置物自体はうちのインテリアにはあまり合わなかったのですが、売り主さんも「この大理石はいいものなので、これだけでも取り出して使いたいくらいなのよ」とおっしゃっていて、私たちも「それじゃあ」と思い、夫がノミ?で一生懸命取り出してくれたのでした(それもかなり前のこと)。このたびピッタリくる用途が見つかって喜んでいるところです。

ちなみに無垢材ワークトップの傷み具合ですが、この場所に知らず知らず熱いものを置いてしまっていたためちょっと黒ずんだムラが出来たような感じになっています。この場所以外は特に目立った傷みはなく、今のところキレイに使えています。オイルトリートメントは2〜3ヶ月に1回は施しております。これから乾燥する季節なので忘れないようにケアしてあげないといけないと思っております。


そして・・・このたび、もう1セットIKEAキッチンを導入することとなりました。今回は部材の持ち帰りも組み立ても夫がやりました。
 ↓


このサイズ感、もうお分かりかと思いますが・・・。
 ↓


この人専用のミニキッチンです。
 ↓


娘「パパ〜何してんの〜。」 夫「ちょっと配水管のところをね。よいしょよいしょ」
 ↓


わーい、蛇口がついたー。お水じゃばー。 ※注 実際はお水は出ません。
 ↓


おままごとグッズも一緒にIKEAのものを。お鍋などのセットが本物のステンレスでできてるのがポイント。
 ↓


そして・・・もう一人の娘はやっぱり箱が好き。
 ↓


ちょうどあたしの身長のサイズにピッタリだわ〜。
 ↓


箱入り娘たち。
 ↓


娘2歳6ヶ月はすっかりお姉さんになり、こうしてモモちゃんのことをなでなでしたり、おままごとグッズでごはんを作ってあげたりしています。
 ↓


さあ、いよいよ完成間近。パパがんばったね!
 ↓


じゃーん、できあがり〜。コンロはIHなんですね。電池を入れてボタンを押すとコンロ部分に明かりがつきます。
 ↓


フェルトの食材セットも同じくIKEAで購入。ジャムがついたホットケーキと目玉焼きを作っております。
 ↓


上部に電子レンジがついたものもあり、私としてはそっちがほしかったのですが夫がものすごーく冷静な目をして「こっちでいいでしょう」と言ったので「はぁ、やっぱりそうですか・・・」と引き下がったのでした(値段も倍だったし)。

女子のおままごと魂は男子には理解不能なのでしょうねぇ。娘がもうちょっと大きくなってIKEA店頭で電子レンジ部分を見つけたらほしがりそうな気がするのですが・・・。フェルトの食材セットはモモちゃんの毛がつくから木のものを別で調達しようかなあとも思っていたのですが、あまりの安さに目が眩んでしまいました。

おままごとキッチンといえば、ドイツのNIC社とか、スウェーデンの何たらというとことかの赤いのが有名だし素敵なのですが、IKEAのものの4倍くらいの値段がしますからねぇ。いずれ飽きてしまうものだと思った時に、そこまで投資したものか?とここでは私もさすがに冷静になってしまいました。そしてこのIKEAのものだってかわいさで言えば全然引けを取らないと思いますし、何と言ったってママもIKEAキッチン使ってるんだし。

今は本物のIKEAキッチンの横にこのおままごとキッチンを配置してます。私が料理する横で娘もお料理ごっこして遊んでいて、とても楽しそうです。私が独身の頃から、女の子がいたらこういうのやってみたいなと思っていた夢が実現してうれしいです♪
IKEAキッチン・その後
本日はG-FLATさん主催のわが家見学会でした。入居してから早くも4回目を数えた本日の見学会。お客様を迎える私たちの方もちょっと慣れて来ちゃいまして、いつもだと前日の夜のうちにシッカリ掃除を完了させるところを今日は午前中に慌ててやりました。G-FLATのスタッフさんが来られた時間にはまだランチが終えられておらず、ちょっと焦りつつ雑炊をかき込み何とかお見せできる状態にして皆さんをお出迎え〜。

前回のときとほぼ同じ流れでして、お家の中をご案内しました。今回の皆さんもほかほかの薪ストーブに興味津々の様子。「入れるなら絶対最初から入れた方がいいですよ〜」とプッシュしてみました。ピザのおもてなしや、お土産の八朔狩りも前回と同様に。色々皆さんとお話するのに夢中でほとんど写真撮ってなかったな〜。皆さん楽しんでいただけたかしら・・・?

皆さんが帰られた後、IKEAキッチンの無垢材ワークトップのお手入れをしました。この無垢材ワークトップ、本来は2〜3ヶ月に1回専用のオイルでトリートメントすることになっているのですが、実は今回のオイル塗布は実に5ヶ月ぶりくらい!!!かなりサボってしまいました・・・。

見学会の後はいつもの数倍はこざっぱりと片付いているので、パッとオイルトリートメントの作業がしやすいんです。キッチンの上に何もモノを置いてないことなんて滅多にありませんからね。この機会を利用しない手はないかと。

さて、作業をしようかな・・・と思い、改めてワークトップをよく観察すると、ん?何か輪染みのような跡がついている!
 ↓
 

うっ、ここにも!
 ↓


ここにも・・・!
 ↓


これらは、染みというわけではなく、熱いお鍋とかお鍋の蓋なんかをちょっと置いてしまった時に焼き付いちゃった跡のようでした。気づいた時にはもう遅かった・・・。これはオイルトリートメントをサボったサボらない以前の問題ですよね。仮にステンレスのワークトップでもそんなことしたらよくないというのに。荒っぽい使い方をしていた自分を反省しまくりです。

5ヶ月ぶりのオイルトリートメント、まずはヤスリをガリガリとかけて、雑巾にオイルをじゅっと染み込ませて表面を拭き拭きしました。心無しか無垢材ワークトップが「ふぅ〜〜やっと、やっとオイル塗ってもらえた〜〜」と喜んでいる気がしました。ゴメンよ、ワークトップくん!これからはサボらずにちゃんと2〜3ヶ月おきに塗ってあげるからね。ということは次は4〜5月くらいに塗るってことだな。今のうちに予定表にメモしておこうと思います。
キッチンの水道栓
ちょっと珍しいアングルで。
 ↓


いただきまーす。
 ↓


ごくごくごく。
 ↓


キッチンの水道栓から直接お水を飲むのが実はお気に入りなモモちゃん。
これだと私たちが留守中にお水が飲めないので、ちゃんと別でモモちゃん用のお水タンクも用意してあるんですが、新鮮なお水の方が好きみたいで、誰かがいるときはこうして水道の蛇口から直接飲みたがるんです。

数ヶ月前、尿路結石の疑いがかかったモモちゃん。水分補給は病気の予防の第一歩だそうです。水道から直接飲むのもいいけど、ちゃんとタンクからもたくさんお水を飲んでね!
IKEAキッチン・その後
無垢材の天板×ステンレスのIKEAキッチン。
 ↓
 

その後の使用感をまとめておこうと思います。

※ちなみに写真は全てずっと前のものです。キッチンのパーツの写真なんて改めて撮影しないもんだなぁ。

1)無垢材ワークトップ
わが家のキッチンの最大のポイントがこのワークトップ。
 ↓


導入当初、めちゃめちゃ気合いを入れてオイルでお手入れしていましたが・・・
最近はさぼりがちです。最初は2〜3日に一度、2ヶ月くらい後には週に一度、3〜4ヶ月後には2〜3週間に一度、そして今はもう、ひと月に一度オイルを塗るかどうかという感じです。

オイルでお手入れする時、まずはヤスリで表面を削って、オイルが染み込みやすいようにするのですが、私が最初のうちオイルを塗りまくっていたせいか、ヤスリで削れるのは油膜(?)と思しきモロモロとしたカスばかり。ということはもうオイルがあまり浸透しなくなっているのかもなぁ?と勝手に判断し、少しずつお手入れの頻度を下げて行ったという感じです。

無垢材は梅雨の間に水分を吸収して膨張し、梅雨が明けると乾いて反って来たりすると思うので、梅雨明け時分がお手入れのし時かと。ということで、先週からは一応週1ペースに戻しています。

以前は、水が少しでもかかっていたらキレイに拭き取って・・・と若干神経質気味に使っていたこのワークトップですが、今やそのようなことはなく、ステンレスのキッチンと同じように使っちゃっています。といってもまあこまめに水分を拭き取っている方だとは思いますが。今のところ、ワークトップ自体の傷みはなく、順調と言えると思います。


2)食洗機
IKEAキッチン用のエレクトロラックスの食洗機。
 ↓


買ってすぐの頃に電源が動かなくなるというトラブルがありましたが、その後何事もなく順調に使えてました。が!つい最近、またスイッチが全く動かない、という事態がありとても焦りました。

しかし夫が電源を長押ししたところ無事に再起動でき、ちゃんと動き始めました。何かの拍子に接触不良が起こっているのでしょうね。買ったばっかしなのに・・・と思わなくもないですが、今のところたいしたトラブルには至っていないのでまあいいかと思っているところです。

乾燥機能があまり強くなく、出来上がった後も割と水滴がついたままになるのがやはり玉に傷です。うちではワークトップの上をごちゃごちゃ見せたくないので、水切りカゴは断固として導入しない!というつもりだったのですが、色々やってみた末とうとう導入してしまいました。しかもシンク内にはめ込むタイプのものと、木でできた皿立ての2つも。食洗機が終わった後、ワークトップの上にナプキンを広げ、食器を並べて乾かすという工程が必要になっており、水切りカゴがない方がむしろごちゃっと見えてしまうことに気づいたのです。

木のカトラリーや私がお弁当箱にしている曲げわっぱなんかは、いずれにせよ食洗機には入れられないので、結局手洗いしている食器の量もそこそこあり、家事の負担が減っているのかどうかと言われると結構微妙な気がします。でもせっかく導入したので活用しなくてはと、半ば義務的に毎日使っています。


3)シンク
無垢材ワークトップの場合、選べるシンクが限られましてわが家ではこのタイプにしてます。
 ↓


かなり大きくて満足してるのですが、失敗したなと思うのは蛇口の位置です。
奥に見えるシンクの出っ張りの右か左かどちらかを選べるのですが、工事前にどちらの方が使いやすいかなんて想定できず、右利きなんて右か?くらいの感じで右につけてもらいました。

左側が大きく空いているので、シンクはめ込み型の水切りカゴを仕込んだのですが、うちは左側に食洗機がセットされているので、水洗いしたお皿は水切りカゴの空中を通って食洗機に入れねばならず、水が水切りカゴの上に滴ってしまう。しょうがないので食洗機にお皿を入れるときは水切りカゴを外すわけなのですがこのひと手間が家事全体の流れからすると結構なロスです。

ここまで詳細な想定を工事前にすることは不可能だったとは言え悔やまれます。これは使い方で何とか利便性を向上させるしかないな。。。

4)ハーマン+do
グリルにセットできるダッチオーブンがポイントのハーマン+do。
 ↓


買ったばかりの時はうれしくて早速料理し、ドンドン使うぞ〜と思っていたのですが、気づけばまだたったの2回しか使っていません!オーブン調理なので、野菜をゴロゴロ&塊肉に塩、胡椒、オリーブオイルくらいをぽんぽん入れればそれなりの料理が出来上がるのですがね。私が仕事に復帰してから平日は一切料理をせず、全て週末に仕込んで冷凍するスタイルが定着したため、こういうごちそう感のある調理方法はめったに取り入れられなくなっちゃってます。まあ娘1歳4ヶ月がもっと大きくなって手が離れて来た頃にはきっと大活躍するはずよね、と密かに期待してます。

コンロの方はスイッチが天面についています。外国のコンロ風なデザインが気に入ったのですが、、、
 ↓


まあこれは結構汚れますねぇ。炒め物、揚げ物なんかした日には相当汚れが飛び散ってます。そしてとても掃除がしにくい。でもデザインのかっこよさには替えられないのでね。週1くらいで全体を掃除するようにして何とかキレイさを保っています。

5)ステンレスの面
水や調理するときの汚れがすたたたと滴り落ちる跡がだんだんついてきました。掃除が楽なのでさっと拭いちゃえばあまり気にはならないです。娘1歳4ヶ月がつかまり立ちしていた頃、このステンレスの面に小さなもみじのような手形をたくさんつけてくれましたが、それもあまり目立たなくなってます。ある日、掃除をしていたらなぜかモモちゃんの肉球の跡が上から下に向かってついていて、モモちゃんどうやってこの面を歩いたのだ!?と不思議に思いました。笑

4)収納
IKEAキッチンの他に、作り付けの吊り戸棚があり、収納容量としては相当なものがあるわが家ですが・・・
 ↓


入居して半年以上が経ち、頻繁に使うものとそうでないものがだんだん見えてきました。フードプロセッサー、ホットサンドマシーン、ハンドミキサーの3種の神器について、「引っ越したらもっと活用するぞ!」と思って取り出しやすい引き出しに入れていたのですが、一向に使わないということが判明。その上によく使うものをがちゃがちゃと置いてしまい、3種の神器はおろかよく使うものまで取り出しにくくなっちゃってるじゃありませんか。

さらに、吊り戸棚の中もだんだんぐちゃぐちゃになってきてまして、扉を開けるたびに「うう〜これここに仕舞うものじゃないよなぁ」と思いつつ「また今度片付けよう、えい!」と入れ込んでしまう。まさに収納の中をぐちゃぐちゃにして行く道をまっしぐらです。汗 夏休みは気合い入れてキッチンの収納の中を整理しなおしたいと思っていますが、さてホントにやるかなぁ?だらだら過ごしてしまいそうな気がするなぁ。。。まあ今年度中には何とかしたいところです。

最後は何だかIKEAキッチンのレビューというよりは単なるキッチン周りの家事の総括になっちゃいました。まあ一生このキッチンとつきあっていくわけだし、こまめに掃除&整理をして、常に使いやすい場所であるようキープしていきたいと思います。

キッチンツールの引き出し
キッチンは、LDKとして一続きの部屋になっているので、
リビングから見た時にぐちゃっと見えないよう、極力モノを外に出さない
ようにしたいと思っています。

前の家では、キッチンツールはでっかいビンに立てて外に出していたのですが、
それらも引き出しに収納してしまうことにしました。
油汚れなんかも結構着いちゃいますしね。

ということで、、、引っ越し後、とりあえずIKEAキッチンのうち、一番浅い
引き出しにぐちゃぐちゃにして入れてました。
 ↓


よく、きちんとした料理研究家の人とかが、全体的に片付いたキッチン
なんだけど、引き出しひとつだけは何でもぼんぼん入れてます〜
このくらいのゆるさがないとね〜〜みたいなコメントをしていますし、
こういうのもありか!?と自分で自分を甘やかしていました。

それにしてもヒドい、ヒドすぎる状態です・・・。汗
当然のことながらむちゃくちゃ使いにくい。必要なものが必要な時に
パッと取り出せませんから・・・。できることならちゃんとした居場所を
与えて上げたいところ。

ということで、IKEAシステムキッチンのモジュールパーツである、
引き出しの仕切りキットを導入〜
 ↓


このキット、この引き出し用にキッチリハマるように作られています。
IKEAキッチンのいいところは、こうして後からパーツを買い足していく時に、
それぞれの引き出しやパーツにぴたり合うものが色々と選択できるように
なっているところです。店頭で自分で自由に選べるところもよいです。

普通のシステムキッチンだと、こういうたぐいのものは後からホームセンター
なんかで買い足して行くことになると思いますが、その場合いちいちサイズを
測って合うかどうか検討しないといけないし、ぴたり合うものが見つかるか
どうかわからないし、デザイン的に満足いくものがあるかどうかわからない
と思います。

ちなみにこのパーツ、組み立てはあっという間にできちゃいましたが、
実は一部、凹凸を合わせるフックのところに欠けがありました。
そう、欠陥品だったんです・・・。
しかし、ずいぶん前に買ったもので領収書ももう持ってないし、
そもそももうここまで引き出しの中身取り出して組み立て始めちゃったし、
欠けていた凹凸がなくてもとりあえず固定はできるから、もういいや〜
と思い、そのまま組み立てちゃいました。第一、組み立て始めたのが夜の
11時で、とっとと終わらせて早く寝たい!と思っていたのも諦めた要因の
ひとつです。笑

で、こんな感じで収納完了〜。
 ↓


ここからさらに、使用頻度の少ないものを別のところに納めることにして、
この引き出しにはよく使っているツールだけが全部見える状態にしました。
やっぱこうでなくっちゃ!という感じです。

この引き出しに関することは、家全体にも反映したいことでして、つまり、
なるべく外に色々モノを出すことはせず、たっぷりある収納に出来る限り
入れてしまいたい。そして、どの収納を開けてもモノが整然と並んでいる
状態にしたい。極端な話、お客さんに収納の扉を開けて見せてもいいくらい
に片付けておきたいと思っています。

外にモノを出すと掃除がしにくいのと、何か自分の趣味が前面に出てしまう
のがちょっと恥ずかしいということがあります。モノが少ない方がこの家自体
が持つよさが引き出されて見えるかなとも思っています。
まあ娘11ヶ月が小さいうちは、保育園状態でおもちゃとか色々散乱しちゃい
ますけどね〜。