西宮・築52年の平屋・リノベーションの軌跡
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
コンカツ(開墾活動)2017年1月9日

夫です。

 

どうやら今後の(たぶん)ヘビーコンテンツのなりそう気配のガルテン記事でありますので、ここはひとつマメに記録して行くことにします。

2017年最初の活動記録はこちら、ご覧の通り季節柄ガルテンには落ち葉がいっぱい落ちている訳ですね。そこでこの日は村長(Dr.K江)が「堆肥を仕込もう!」と言うことで落ち葉集めのお手伝いをしてきました。


 

聞くところによりますと、お正月休みを使って堆肥ボックスを自作して来られたようです。「DIYも得意なんだな〜」と関心してみたものの、考えてみるとそこは本業がお医者様ですので手先は器用で当然です…。(日々切ったり、付けたりしますよね。笑)

 

 

この日は我が家の作業員2名も忠実に任務を遂行、村長を協力にサポートするのでありました!

 

 

思った以上に葉っぱが収まる容量でここまで約1時間くらい周辺の落ち葉を集めに集めました。落ち葉の合間には米ぬかとぼかし肥をチョイチョイ混ぜながら入れていくのですがコレは子どもたちの担当、写真は三層構造の堆肥ボックスの三段目まで落ち葉を盛り込んで人力圧縮している様子。ご覧の通り子どもは天然のトランポリンを存分に楽しんでおります。

 

 

とは言えそこはやはり子ども達、ちょっと作業するとやっぱり飽きてしまうので気分転換にお散歩へ出かけます。この日は試しにストライダーを持参したので大自然の中を駆け巡ることができました。あー、良かったね。

 

この日の総括メモとしては、

 

・粘土質の土壌(畑)を改良するには、それなりにたくさんの堆肥が必要そう

・Dr.K江いわく仕込んだ落ち葉は70℃くらいで発酵する、そうです。(楽しみ〜)

・子ども達は強力な戦力、そして和む

・子どもがもう少し大きくなったら、エンジン付きのバギーやモトクロスもありか?

・山中重い荷物を運べるクローラー(運搬機)が欲しい

 

と言ったところです。

 

ではでは、次回の活動記録もお楽しみに〜!

 

(つづく)

ボルボV50 タイヤ交換(GOODYEAR Vector 4Seasons)

夫です。

 

前回のタイヤ交換(DUNROP LE MANS 4)が2014年の春だったので、もう3年近く走ったことになります。

普段は平日に子どもを保育園へ送り迎えする以外はあまり遠出はしていないんですが、まあでもそれなりの走行距離になるので定期的なタイヤ交換はマストになりますね。

 

実は今回新しくホイールごと買い直してスタットレス生活を検討したいたのですが、やはり保管スペースが気になる上、一年に一度降るかどうかわからない雪のために購入するのも、ちょっとな〜と思っておりました。

 

そんな我が家が今回選んだのは、こちら「GOODYEAR Vector 4Seasons」いわゆるオールシーズンタイヤと言う代物です。

 

いろいろ調べてみると、欧州ではオールシーズンタイヤは一般的らしく車を購入するとデフォルトでそれらを履いていいることも多いそうです。そりゃ地続きに様々な国々の気候&天候を走ろうと思ったらオールシーズンタイヤは当然の選択かも知れませんね。

 

日本でも近年知られるようになったらしく、秋くらいから街のタイヤショップに問い合わせたところ「メーカー在庫切れ、入荷未定」との返事。。。そんなこともあり、半ば年内の交換は諦めていたところ、なんと12/28(水)年内最後の営業日にショップから入電あり「急遽入荷したので、お時間あえば来店ください!」との嬉しい知らせ〜!!

 

で、交換後の足下はこんな感じ。ちょっと無骨でワイルドな表情になりました。いいね〜↓

IMG_1230.JPG

 

 

前回のエコタイヤに比べるとやはり溝の深さが印象的です、もう少し寄りで見てみるとこんな感じ↓

IMG_1231.JPG

 

あきらかに、今まで無かったパターン。両サイドから八の字に深い溝が掘られており中央に近づくにつれスタットレスのような切り込みが見受けられます。いわゆるノーマルとスタットレスを足して2で割った感じでしょうか?

 

そして気になる乗り心地はと言うと、交換前より格段にハンドル捌きや加速も良くなった印象。ネット上の口コミ情報やタイヤショップからのアドバイスでは「走行時のノイズ(走行音)を気にされる人も多いです」とのことでしたが、幸い我が家は今のところそんな印象は持っていないです。

 

肝心の雪道や凍結路面での実証はこれからですが、いざとなったらスノーネット(チェーン)も所持しているので多少の積雪については問題ないのではないかと前向きな受け止め方をしています。

 

 

洗車すると雨が降るジンクスではないですが、まさか雪道対策したら暖冬だったりして?とちょっと心配しながら「早く雪降らないかな〜」なんて毎日天気予報を気にしてしまう冬休みなのでした。

 

コンカツ(開墾活動)はじめました

ご無沙汰しております、夫です。


先日の更新宣言から早数ヶ月が経過してしまい気付けばもう年末も末も末。。。


前回の記事アップが2015年の1月だったので(同じく年末年始の休みを持て余していたらしく)、もう軽く一年近く(もっと言えば頻繁にアップしていたのは遡ることもう一年)ブログを放置してしまいました。


ご贔屓にして頂いていた方々には「いつになったら更新するんですか!」と言われなかば諦められいた状態でおりましたが、緩やかに再開をするのでございます。


その記念すべき再開にふさわしい記事がこちら↓


詳しくは追々アップして行こうと思いますがここ最近色々なご縁が繋がりに繋がって。。。なんとなんと、広大な野山で自由に遊ばせていただけるチャンスに恵まれました!!


IMG_1211.JPG


ロケーションも抜群でここは一般の人たちは立ち入れないひとけの無い森の中、そして校庭2〜3個分はあろうかという大きな野池に面しています。


もう夢は広がるばかり。。。何から手を付けていったら良いかちょっと迷ってしまいますが、当面のプランとしては畑をするためのスペース確保と薪ストーブ用の薪の切り出しを進める予定です。


で、ここの地主にあたる知り合いとは(村長と呼んでいますが)「ミツバチを飼ってハチミツをとろう!」と盛り上がっております。


お察しのようにまだ荒野なので、正直ハチミツまでの道のりは険しいですが、のんびり楽しみながら開墾作業をして行きたいと思っております!!