西宮・築52年の平屋・リノベーションの軌跡
<< September 2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
更新予告

夫です。

 

あまりにも久々過ぎて管理画面の使い方も忘れるくらい

時間が空いてしまいましたがここ最近思うところあり、

ほぼ1年半ぶりになりますがブログを再開しようかと思っております。

 

思えば新しい出会いや、色々な気づきも多いこの一年半でございましたね〜。

 

ではでは、引き続きよろしくお願いいたします。

黒板塗料で特大ブラックボード制作
キャンプ記事ばかりアップしてしまいまいしたが、2014年の年末大掃除で忙しいさなか、でっかいでっかい黒板を作りました。

もともとは、壁一面を使って子ども達がダイナミックに、自由にお絵描き出来たらきっと楽しいだろうな〜というところから始まったのですが、さすがに壁に直接お絵描きさせるのには抵抗がありまして。黒板塗料という便利なものがあるらしいことを見つけたので、それを壁に塗ってあげたらどうか?と考えましたが、白い壁が子ども達が大人になった後も黒板であり続けるのもなぁという思いもあり。

だったら、黒板塗料をでっかい板に塗って特大ブラックボードを作って壁に打ち付けてはどうかということで、早速制作がスタートしたのでした。ウッドデッキでは…
 ↓

IMG_2027.JPG

なぜかティビのようなものがどーん。
 ↓


夫が、畑で使う支柱と農業用のシートであっという間に作ってしまいました。イマドキ感のあるティピですがこんなに簡単に作れちゃうんですね。ふと目をやると既に黒板塗料のペイント準備が始まっているもよう。
 ↓


娘4歳の作業着は何と、ハロウィンのときに保育園で作って来たコスチュームです。まさかこんな時にまた引っ張り出してくるとは。
 ↓
IMG_2033.JPG

息子が後ろで見ているのは新たに作った畑スペースです。こちらは、わが家のリノベ時に使った床板の余りで囲いを作りました。なかなかかわいらしい畑になってます。
 ↓
IMG_2035.JPG

さあ早速ペイントを始めましょう。
 ↓
IMG_2036.JPG

黒板塗料を2ℓのペットボトルの底部分にジャバジャバ〜っと入れて刷毛に取り…
 ↓
IMG_2037.JPG

塗って行きます。
 ↓
IMG_2040.JPG

IMG_2039.JPG

何かビジュアル的には今年の漢字とかかき出しそうな雰囲気ですが娘に刷毛を渡すと
 ↓
IMG_2041.JPG

IMG_2042.JPG

IMG_2043.JPG

IMG_2047.JPG

IMG_2048.JPG

今年の自分の感じの描き上げました。
 ↓
IMG_2049.JPG

そして息子2歳は…
 ↓
IMG_2050.JPG

IMG_2051.JPG

IMG_2052.JPG

精一杯のクリエイティビティを駆使して作品を仕上げております。

わたくしは今年の漢字を…。
 ↓
IMG_2053.JPG

「動」と書き上げました。笑

1年半の育休から復帰したこと。ピラティスを続けて体を動かす習慣がついたこと。以前は仕事をセーブ気味だったのを反省し、攻めの姿勢に転向したこと。そしてキャンプをめぐるあれこれに向けて動き出したこと。全てがこの一文字に集約されたからです。

そして夫の今年の漢字は…。
 ↓
IMG_2054.JPG

「生」だそうです。「生きる」ではなく、単に生中飲みたい、という気持ちを表したとのこと。

さあ黒板塗料はペインティングするためのものではありませんよ〜〜ということでどんどん塗って行きます。
 ↓
IMG_2057.JPG

IMG_2058.JPG

全て塗ったら丸一日乾燥させて、翌日には…じゃじゃーん。
 ↓
IMG_2060.JPG

おお〜っ。本当に黒板ができていました!
 ↓
IMG_2061.JPG

今度はチョークでお絵描きができるよ。
 ↓
IMG_2062.JPG

で、この特大ブラックボードの行き場ですが、色々考えた結果リビングに設置する事にしました。チョーク置き用の板をくっつけまして…。
 ↓
IMG_2064.JPG

インパクトでギュイン!とビスを打ち付けます。
 ↓
IMG_2071.JPG

IMG_2072.JPG

パパうまく付いた?
 ↓
IMG_2073.JPG

やった〜黒板ができたよ〜。
 ↓
IMG_2075.JPG

仕上げにビス穴を塞ぐ板を四方に貼付けて…
 ↓
IMG_2076.JPG

IMG_2077.JPG

IMG_2078.JPG

IMG_2080.JPG

本当に完成です!
 ↓
IMG_2081.JPG

想像以上に素敵な特大ブラックボードになりました。どっかの古道具屋さんとかで売ってそうな雰囲気になりましたよこれ。娘達は早速でっかいお絵描きに興じたり、先生ごっこしてみたりとかなり嬉しそうに遊んでおります。難点はチョークの粉が散る事ですが、すぐそばに空気清浄機を置いたのと、リビングで食事をする前にはやらないのをルールにすることでクリアです。お友達が来た時にもきっとこれでお絵描きするのに盛り上がることでしょう。

黒板には何となく先生しか書いちゃダメな聖域、というイメージがあるからか、自由に使っていいでっかい黒板が家の中にあるというのが夢のように思うのは夫と私だけ?子ども達が小学校に上がって毎日授業で黒板を見て勉強するようになった時に、この特大ブラックボードの存在は彼らの中でどうなっていくのかしら。そんなことを考えるのも楽しみだったりします。
【2014まとめてアップ】魚が瀧荘キャンプ場
魚が瀧荘キャンプ場。ここはその名の通りすぐそばに瀧があり、夏場はかなりの人出でにぎわうキャンプ場だそうですが、わが家が訪れたのは9月の終わりですっかり涼しくなった頃でした。
 ↓
IMG_1631.JPG

なかなか奥まった集落にあるキャンプ場で、途中川のそばをずっとドライブして行くのですが、この頃はちょうど大きな台風が過ぎた直後で、土砂崩れの後とか流木や倒木があちこちにあり、窓の外を眺めながら少し不安になったことを覚えています。でも、この景色の美しさでそんな気持ちも吹き飛びました。ピークを過ぎたキャンプ場のひと気のなさと、秋の空気の清々しさ、そして周りに自然以外に何もないこの環境。素晴らしいです。
 ↓
IMG_1627.JPG

古びた遊具も味があるのですよね。だだっぴろい芝生広場全体がオートキャンプ場とのことですがここにはテントがひとつもありません。
 ↓
IMG_1629.JPG

すぐ下に川が流れていて、その川縁にギアや車を一目見ただけてかなりの玄人キャンパーと思しき人々が4組ほどテントで過ごしているのが見えました。
 ↓
IMG_1630.JPG

落ち葉も少しあり、カーディガンを羽織ってちょうどいいくらいの季節でした。
 ↓
IMG_1626.JPG

芝生広場の端っこの方から川縁に下りる小さな坂があり…
 ↓
IMG_1632.JPG

そこを下ったところにわが家テントを張りました。
 ↓
IMG_1601.JPG

横にある川はとても透明度が高くきれい。それだけで心が落ち着きます。
 ↓
IMG_1621.JPG

IMG_1623.JPG

子ども達は樹の周りで棒を探して遊ぶのに夢中。
 ↓
IMG_1615.JPG

IMG_1619.JPG

夕方暗くなる前に近くの黒川温泉(あの有名な熊本の、ではないですよ)に入りに行き、湯冷めしないうちに子ども達とテントへ。夫は一人外で芋煮を作ってくれてましたが、その間におにぎりを食す二人。
 ↓
IMG_1606.JPG

おにぎりはシャボン玉に継ぐキャンプ必須アイテムです。真夏でない時期は多めに握って持って行ってました。キャンプ料理は火起こしから始めると結構時間がかかり、その間にお腹がすいて騒ぐ子がいるからです。ゆかりおにぎりさえあればこの通り、仲良く過ごしてくれます。
 ↓
IMG_1608.JPG

翌朝は前日の残りの芋煮と、つかみ取りしたあまごの塩焼きで朝ご飯です。
 ↓
IMG_1633.JPG

テント内で使える小さなちゃぶ台も今年導入した新アイテム。肌寒くなって来たらテントの外でなくこうして中でご飯が食べられるのです。狭いテントの中で身を寄せ合って食卓を囲む…家族だな〜という感じで心が温まります。

年末年始は非常に寒くて雪もつもり、冬キャン実行にすこし躊躇しておりましたが、こうして振り返ってるとやはりまたキャンプに行きたくなって来たな〜。
Check